オーダー用 秋冬生地充実しています!

小笠原公平

皆様、こんにちは!

 

9月に入り、少しずつ秋の雰囲気を感じられる気候になったような気もします。

 

店頭も秋冬仕様に変更し、新作が続々と店頭に並んでいます!

 

ということは、秋冬用のオーダー生地も揃っているということです!

 

なので今回は、新作生地のご紹介をさせて頂きます!

 

まずは、こちら。

 

 

 

 

 

 

冬の定番生地でもある「HARRIS TWEED(ハリス・ツイード)

 

改めてどんな生地かと言いますと、ツイードとは、元々英国やスコットランドの伝統的な生地で、寒い地域の漁師さん達の防寒用衣服としてよく使われていた生地です。

 

素材はウール(羊毛)ですが、普通のスーツ生地よりも太くて短い「紡毛」という糸を使って織られています。

なので、ガシガシと丈夫な素材で、かつ防寒性の高い生地になります。

 

定番の無地から、ヘリンボーン、千鳥柄、タータンチェック、ブラックウォッチ柄などなど、豊富なバリエーションでご用意しております!

 

 他にも、ジャケットやコート生地も揃っております!

 

 

 

 

 

今季は特に、大柄のデザインが多いように思います。

 

ストライプ、チェック、ヘリンボーン、グレンチェックなど、

 

多くの生地が大柄のデザインで用意されています。

 

 

 

スーツで仕立てると派手になりすぎますが、ジャケット単体でインパクトのある大柄デザインでオーダーするのもおすすめです!

 

秋冬物は、比較的落ち着いた色味の生地が多いので、一見派手に見えても、意外と主役で使いやすいというのもポイントですね。

 

 

また、今季はホームスパンといわれる素材が再注目されています。

 

 

 

1866年にアイルランド北西部にて誕生したMAGEE社の「ドネガルツイード」もオススメしたい生地です!

 

「ネップ」といわれる、色のついた小さな糸のかたまりが生地全体に残っているものを「ホームスパン」と呼んでいます。

 

わかりやすいイメージでいうと、こんな感じです!

 

 

映画「アンタッチャブル」より。

 

クラシックなデザインを、現代風にリバイバルさせてオーダーするのもわくわくしますね!

 

その他にもまだまだ生地が入ってきておりますので、是非店頭にて直接ご覧にいらしてくださいませ!

 

明日も、南船場店にて皆様のお越しを心よりお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

【Cento trenta 南船場店】

Tel:06-6245-1268

【Cento trenta 阪急メンズ大阪店】

Tel:06-6311-7335

【Cento trenta 三休橋店】

Tel:06-6210-3008

Cento trenta OLINE SHOP

https://centotrenta.shop-pro.jp