ニットONニットを是非とも

石橋 直樹 阪急MEN’S大阪店

毎回、

 

海外出張へ行くときに楽しみなショールームがあります。

 

通称「ブレラモーダ」。

 

ミラノの行程の主目的とも言える、外してはならないショールームです。

 

何が楽しみって、

 

とにかくこのショールームは人が暖かい。

 

「カトーサーーン!!」と片言ながら名前を呼び、いつも素敵な笑顔で迎え入れてくれるクルーに、

 

「今年もブレラに来たなー」なんて思うんです。

 

ちなみに、強いて気になることを言うなら、

 

もう5回ほど行ってるにも関わらず、たぶんワタクシは名前覚えてもらってない気がするんですよねー…

 

まぁどこに行ってもそうですが、

 

あんだけパンチ効いた上司と一緒にいると、

 

ワタクシみたいなもんは霞んでもしゃーないと思ったり…

 

 

今日のブログを書くにあたり、そんなブレラのクルーを思い出しておりました。

 

robertocollina

 

なぜこのショールームの話をしたかと申しますと、

 

本日ご紹介のアイテム、

 

弊社のニットアイテムの中核を担うroberto collina 「ロベルトコリーナ」が、

 

このショールームでしか手に入らないアイテムだからです。

 

 

弊社ではむかーしから取り扱っているブランドですし、

 

スタッフみんながあちこちでご紹介していますので、

 

まぁ、ブランドに関してどうこうってのは今さらですので割愛しますが…

 

 

個人的に、ニットの着方で「こうしてほしい!!」ってのが、

 

ここ数年あったりします。

 

それが、この感じ。

 

magazine

 

一言で言えば、「ハイゲージタートルニットONミドルゲージクルーネックニット」

 

 

なんか長いな…

 

 

ともかく、

 

それぞれ色の違う、でも親和性の高いハイゲージのタートルとミドルゲージのクルーネックを、

 

重ね着して着るというこの小技。

 

まぁ、ちょっとしたことではあるんですが、

 

このちょっとしたことが、ファッションの雰囲気をグッと引き上げてくれるんです。

 

阪急メンズ大阪のトルソーも、ご覧の通り。

 

robertocollina

 

ですので今シーズンは、

 

このコーディネートを視野に入れた買い付け内容だったりします。

 

robertocollina

 

ハイゲージのタートルネックは定番ですので、

 

このコーディネートどうこう以前に、必ず店頭に並びますが、

 

外に着るようのニットは、実はかなりのお気に入り。

 

robertocollina

robertocollina

 

独特のワッフル編みで、シンプルながら存在感のあるこちら。

 

展開はネイビーとレンガ色の2色。

 

色自体は単色ですので使いやすいはずですが、

 

均一かつ複雑な編み柄がしっかりとキャラクターを発揮しています。

 

ジャケットやコートのVゾーンから覗いた時に、

 

また、上着を脱いだ時に、しっかりと仕事をしてくれる一着です。

 

 

また、色使い自体はシンプルに見えるニットですので、

 

今回ご紹介の重ね着をしても、クドくなることはありません。

 

ですので、安心して重ねてくださいませ。

 

 

 

 

ブレラモーダのショールームでこのニットを見たときに、

 

「あー!!これはあの重ね着コーディネートにドンピシャ!!」と思いました。

 

 

まさに、このために仕入れてきたと言っても過言ではない一着。

 

 

是非ともセットで着ていただきたく思います。

 

 

 

ではでは。