オーバーサイズの取り入れ方をご提案

石橋 直樹 阪急MEN’S大阪店

今日のコーディネートを撮りに、新人坂田と外に出た時、

サイズ感の話になりました。

「既製服にはサイズがあるけれど、

それに囚われ過ぎてるとファッションって楽しくないぜ」

的なことを、いっちょまえに先輩ぶって講釈垂れましたが、

はたして坂田は理解してくれたでしょうか。

理解してくれたと信じています。

 

 

まぁ、「サイズ感に囚われるな」ってのは、

本心です。

特にずっとカジュアル屋で働いていたワタクシとしては、

カジュアル着のサイズ感をあまり気にしないクセみたいなのが付いてしまってます。

もちろん、気にしないといっても、

小さいのは物理的に無理があったりするので不可能ですが、

自分の適性サイズより大きい服っては、

よほどのことが無い限り、なんなり着れます。

 

今回の着こなしは、「多きめのシャツをどないして着るか」。

 

 

 

店頭でもよく耳にするのは、

「太ってしまって着られる服がなくなったんです…」という声。

ま、男性あるあるです。

しかし、これとは逆に

「痩せてしまって服がどれもブカブカに…」っていうのも、

案外よくあるパターンだったり。

 

その理由は色々でしょうが、

太ってしまった場合の「入らない服」ではなく、

痩せてしまった場合は「入るけど大きい服」なので、

せっかくだったら工夫して、着てあげたいです。

 

では、どうしてやれば違和感なく着られるかというと、

今回の話題であるシャツの場合、

ウエスト周りのだぶつきを上手く誤魔化し、逆に活かせれば、

そのゆったり感が良いアクセントになってくれます。

今回選んでいるのは、

今シーズンに入荷したシャツの中でも、かなり男らしい部類に入る、

dickson(ディクソン)のこちら。

インディゴ染め、ヘリンボーンの生地、エポレット(肩章)のデザインなどなど、

デザイン的にも武骨なので、

ざっくりとした着こなしに持っていきやすいでしょう。

 

加えて、リネン特有の弾力が生地の余りに雰囲気を加えてくれるので、

より「ゆったり」着たときのムードが良くなります。

 

 

そして、肝心のウエスト周りの活かし方ですが、

こんな感じで…

 

前をタックインして、後ろを出す。

女性がよくやっている手法ですね。

こうすることで、ウエストに絞りを効かせて多き目のサイズに締りを出しつつ、

生地の余分は後ろに出してしまうことで、

オーバーサイズのシャツをパンツインした時あるあるの、

あの後ろがくしゃくしゃになっている状態をナチュラルに回避できます。

 

そんでもって、もう一つ気を付けるのが、パンツのフィット感。

お尻がフィットしたパンツを履いてしまうと、

シャツのゆったり感とコントラストが付きすぎ、

「デカいシャツを着ている」と見えてしまいます。

ユルめのシャツをバランス良く着るなら、

お尻周りのゆったりしたパンツを合わせて、

シャツのルーズさを馴染ませるようにすると、バランスが整いますよ。

 

ま、こうした適性サイズ感を無視したコーディネートは、

あくまでカジュアルでしか通用しない方法ですが、

一回こういう着方に慣れると、

オフの日の着こなしがとても広がります。

なにせ、ゆったりしてるぶん楽ですからねぇ。

 

もしお手元に多き目サイズのシャツがあるなら、

こんな感じで上手いこと混ぜ込んでみてください。

「あれ??意外といけんじゃね??」ってなると思いますよ。

 

 

ではでは、また次回。